マットレス商品一覧

モットンマットレスの口コミや評判を徹底検証!腰痛対策への効果も調査!

日本人が作った日本人のためのマットレス」であるモットンマットレス。

腰痛がなかなか改善しないで悩んでいる人やなかなか熟睡できないという人のために、欧米製のマットレスによくある形とは違い、日本人特有の体型にちゃんと合うマットレスを作りたいという思いで生まれたマットレスです。

モットンマットレスの人気の秘密と、モットンマットレスを使用している真実の口コミを調査したので参考にしてください。

モットンマットレスは腰痛対策に本当におすすめ?

モットンマットレスの一番のコンセプトは「日本人の体型に合わせた固さで腰痛を緩和する」というものです。欧米製のマットレスや畳+布団と何が違うのでしょうか?まずはモットンマットレスの腰痛対策メカニズムについて見ていきましょう。

高反発マットレスの効果

寝具が合わなくて腰痛になっている人の原因には以下のような原因が考えられます。

  • 柔らかい寝具で腰が沈みすぎている
  • 固すぎる寝具で背骨~骨盤にかけて浮いている
  • 寝返りしにくい寝具で姿勢が固められている

以上のような3つの原因があります。

よくある“欧米製の柔らかいマットレス”や“低反発の寝姿勢が固定されやすいマットレス”は安眠には定評がありますが、起きた時に身体がバキバキになっていることもしばしばではないでしょうか?

また、畳に布団など固い寝具だと、昔に比べて立体的になってきた日本人の体型ではお尻が上がりすぎて体がゆがみやすくなってしまいます。

そんな「柔らかすぎる」「固すぎる」を解消してくれるのが高反発マットレスです。

高反発マットレスは、どんな体型・体重の人でも合いやすく、すでに腰痛で悩んでいる人も無理のない姿勢で改善する効果がモットンのような高反発マットレスには期待できるのです。

10㎝の厚さ

モットンマットレスは通常のウレタンマットレスに比べて厚めの10cm。ベッドやベッドマットレスの上に敷いても良いですし、フローリングや畳の上に直接敷いても体が痛くない厚さとなっています。

ベッドマットレスなど大きなマットレスは体に合わないときに買い替えるのは大変ですが、モットンマットレスなら様々な寝具で調整できます。朝起きた時に身体が楽!という自分なりの組み合わせを見つけるのもいいでしょう。

サイズは3種類

モットンマットレスのサイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類です。今あるベッドの上に敷きたい人は、ベッドのサイズに合わせて買うことができるので便利です。

シングル セミダブル ダブル
195×97㎝ 195×120㎝ 195×140㎝

また硬さ(N:ニュートン)も3種類あるので、平均の日本人体型から外れていて寝具に悩んでいるという人でもピッタリのものが見つかる可能性が高いでしょう。

硬さは体重が~45kgの人向けの100N、~80kgの人向けの140N、81kg以上の人向けの170Nがラインナップされています。

横向きでも寝れる

モットンマットレスのすごいところは、仰向けでも横向きでも耐圧を分散させてくれるところにあります。

柔らかすぎる寝具は横向きでないと腰痛になりやすく、固い寝具も横向きだと背骨~骨盤にかけてがゆがみやすいのが難点ですね。

しかしモットンマットレスは仰向けでも腰が沈みすぎず、横向きで寝ても体に適度にフィットしてくれる優れもの!たった10センチの厚さで、腰をきれいな角度に保ったまま沈んでくれるんです。

モットンの最安値は?取扱い店舗の価格を比較

そんなモットンマットレスはどこで、いくらくらいで買えるのか気になりますよね。モットンマットレスの購入方法と、最安値でお得に購入できる店舗を紹介します。

まずは店頭販売ですが、残念ながらモットンマットレスは市販の店頭販売をしていません。Web限定の販売となります。モットンマットレスをお試ししたい人は、実際に購入して寝てみましょう。少々高いマットレスですが、返金保証があるので安心ですよ。

楽天やアマゾンの値段

モットンマットレスは楽天やYahoo!ショッピングなどのネット通販で買う事ができます。Amazonでは現在取り扱うショップが無く、モットンで検索すると他のマットレスが出てきます。残念ですが、取り扱いショップが増える事を期待しましょう!

楽天ではシングルサイズが67,743円Yahoo!ショッピングでは59,800円です。

どちらも送料無料ですが、梱包方法や送る方法が異なるため金額に差が付いてしまっているので、割引がなく、ちょっとお高いです。

公式サイトで買うと2万円引!

一番お得に購入できるのが公式サイトです。

現在どのサイズも2万円引きのキャンペーン中で、シングルサイズ39,800円、セミダブルが49,800円、ダブルサイズが59,800円です。

公式サイトにはお客様窓口の連絡先が明記されていて、使用方法の問い合わせやもしも体に合わなかった場合の返金保証の相談にも乗ってもらえます。もしもの時も直接販売元に問い合わせられるので安心ですよね。

腰痛対策マットレスにおすすめランキングでモットンマットレス情報をチェック

モットンマットレスの使い方は?

モットンマットレスを買ったら今ある寝具はどうなるの?と心配な人もいるかもしれませんね。モットンマットレスは今ある寝具を活用してもよし、床に直接敷いてもよしの万能マットレスなんです!

私はモットンだけ床に置いて使うようにしたので、ほかの寝具は古くなっていたから思い切って処分しました。

さて、モットンマットレスのおすすめの使い方を今使っている寝具別に紹介します。

そのまま使う

布団やベッドの上に敷いて使うのも人気のモットンですが、畳やフローリングに直接敷いて寝るのはイチオシでおすすめです。

湿気が床にこもるのが心配な人はこまめに陰干しするか下にすのこまたは除湿シートを敷きましょう。

寝てみて厚みが足りないと感じたら、今お使いの敷布団をモットンマットレスの下に敷いても良いでしょう。

この場合も床と布団の接地面がカビやすいので、毎日起きたらマットレスは三つ折りにして畳んで縦にして押し入れやクロゼットに収納するのがいいでしょう。

私はこのときに除湿シートを一緒に巻いて収納しています。除湿シートの湿気マークをチェックして、除湿シートだけは外干しをしていればカビることはまったくありません。

固いマットレスの上に敷く

もし別の高反発マットレスを持っているのなら、その上にモットンマットレスを敷くと上質なベッドに様変わり!厚さ10センチのモットンですが、体重によっては床の固さを感じる事があるので、高反発マットレスが1枚下にあるだけでかなり寝心地が改善されます。

注意したいのが、低反発マットレスや柔らかすぎるマットレスです。高反発のモットンマットレスですが、下のマットレスが柔らかいと寝た時にやはり沈み込んでしまいます。腰痛がなかなか改善しない原因となるので、避けたほうがいいでしょう。

ベッドマットレスの上に敷く

コイルやスプリングなど、しっかりしたベッドマットレスの上にモットンを敷くのもおすすめです。特に、体の形に合わせて沈み込むベッドマットレスは腰を痛めやすいもの。モットンマットレスで日本人に合った体圧分散をすることによって、起きた時の体の重さが改善するでしょう。

しかし、ベッドマットレスが柔らかすぎる場合はモットンマットレスと一緒に身体が沈み込む原因となります。もしもベッドマットレスとモットンの相性が悪いと感じたら、ベッドマットレスを取り外してベッドフレームに直接モットンを乗せるようにしましょう。

モットンマットレスの手入れについて

厚さ10センチと手軽に使えそうなモットンマットレスですが、湿気対策や洗濯の方法、長持ちさせるために気を付けたいポイントがいくつかあります。

どのポイントも面倒ではないので、しっかり守って快適な寝心地を維持しましょう!

シーツは何がいい?

モットンは厚さ10センチと、通常のベッドマットレスよりも薄いマットレスとなります。

ボックスシーツを選ぶ際は、マチが深すぎないものを選びましょう。裏面がゴムになっていて、どんな形状のものでも包めるタイプがおすすめです。

また、キルティングの生地に四隅が止められるようゴムバンドが付いた“ベッドパッド”もおすすめ。取り外しが楽ですし、寝心地も良くなります。

モットン専用カバーの洗濯方法

外カバーは取り外しが可能です。洗濯の際は、外カバーの表面をいためないよう、内側のスリーブを裏返した上で、ファスナーをしめて洗濯ネットにいれて洗って下さい。

モットンについている外カバーは、タンブラ乾燥は避け、形を整えて干して下さい。そのほうが長持ちします。

モットンは外側に白いカバーがかけられた状態で届きます。この外カバーはポリエステル100%ので、速乾性があり丈夫な素材ですが、摩擦がかかると毛玉ができやすいのが難点。洗濯の際は洗濯ネットを使用して洗うようにしましょう。

布団乾燥機は使えるか

モットンの公式サイトには、モットンに布団乾燥機を使用しても大丈夫と書かれています。吸収放湿という性質がありますが、どうしてもモットンの下側には湿気が溜まりやすくなるので布団乾燥機を使うのは推奨されています。

しかし、布団乾燥機だけではモットンと敷布団、モットンとベッドマットレスの間までは湿気が取り切れない場合があります。こまめに表裏をひっくり返して使用したり、風通しのいい日陰に干したりして湿気を放出するようにしましょう。

モットンマットレスの良い口コミ&評判

そんなモットンマットレスを使ってみて、とっても良い!と感じた人の口コミを集めてみました。モットンマットレスのメリットは腰痛改善だけではないようです!

口コミ1:モットンは気持ちいい

ベッドに横になる感覚というより、まるで浮いている感覚!ぐっすり眠れて睡眠の質が上がりました

日本人の体重、体型にピッタリのモットンマットレスは、寝ている時に自然な体勢となるため、筋肉の緊張がほぐれた状態で眠りにつくことができます。

寝転んだ時に「あ、気持ちいい!」という感想を持つ人が多くいました。

口コミ2:腰痛が楽になった

知恵袋ではこんな意見がありました。

使い始めて1ヶ月くらいで腰痛が楽になりました。早い人は2~3日で楽になるみたいですよ

柔らかすぎるマットレスで知らず知らずのうちに腰を痛めていた人も、モットンマットレスで寝続けるうちに腰痛が楽になるのを感じているようです!

効果に個人差はありますが、早い人で2~3日あれば効果を実感できるんですね。

口コミ3:腰痛改善に効果がでてきた

完全に良くなったわけではないけど、ちょっと腰痛が良くなってきたように感じます。

1日で効果があった!長年悩んでいた腰痛が嘘のように!というモットンマットレスの口コミが多い中、じわじわ効果を感じる人も少なくありませんでした。

寝具だけが腰痛の原因だった場合、モットンに変えるとすぐに良くなることがありますが、他の生活習慣で腰を痛めている人は効果を感じるまでに時間がかかるでしょう。

口コミ4:モットンは3つ折りにできる

三つ折りの折り目がないから体重がきれいに分散される感じがする

厚さ10センチのモットンは、掛布団など400gくらいの重しがあれば3つ折りにすることができます。しかし、モットン自体に三つ折りの折り目はなし!折り目の部分に腰が沈むことはないので、腰回りのカバー力は抜群です。

口コミ5:寝返りが打ちやすい

腰痛の改善を目的にモットンを買いましたが、一晩寝てみて感動しました。寝返りがすごく打ちやすいです

高反発マットレスの利点といえば、体が沈みすぎないので寝返りが打ちやすい事。寝返りは日中の体のゆがみを矯正する効果があるので、疲れがしっかり取れるように感じます。モットンは横向きでも骨や筋肉に負担をかけないので、寝返りを打ってもストレスはありません。

口コミ6:モットンを使ってから体が軽くなった

朝起きた時になかなか動けなかったのが、モットンで寝た翌朝には体のバキバキ感から解放された

朝起きた時に疲れが取れていない、起き上がろうとすると腰痛がある、といったかなり重症な人も、モットンマットレスで一晩寝ただけで改善されるという口コミもありました。合わない寝具でゆがんだ骨格だけでなく、姿勢を保とうと緊張しっぱなしだった筋肉も緩んでくれるんですね。

口コミ7:いつのまにか腰痛が気にならなくなった

しばらく使ってみたけど、変な腰痛がすっかりなくなった

モットン公式サイトの購入だと、返金保証が90日間あります。これは3ヵ月しっかり使わないと効果が分からない人もいるからです。モットンマットレスを3ヵ月、半信半疑で使っているうちにいつの間にか腰痛が無くなっていた!という口コミも多くみられました。

モットンマットレスの悪い評判!怪しいという口コミの真相

話題の日本製マットレスであるモットンマットレスは、口コミをたくさん見つけることができます!しかし、良い口コミと同じく悪い口コミもあるのが現状です。

モットンマットレスの悪い口コミの原因は何なのでしょうか?悪い口コミで不安になってしまった人のために、口コミ内容を検証してみたいと思います。

口コミ1:固すぎる

高反発なので最初は違和感がある。慣れると寝返りは打ちやすいし通気性も良いのでオススメ

低反発のマットレスやポケットコイルなどの体にフィットするマットレスを使っている人にとっては高反発のモットンは違和感がある事があります。しかし、意外と使い続けると慣れるので「しっかり寝返りも打てるし疲れも取れやすい」と感想が変わってくる人が多いですよ。

口コミ2:柔らかすぎる

思いのほか柔らかい気がする。2種類を寝比べてみたいが、一度返品しないといけない

高反発に期待して買った人にとっては柔らかく感じることがあります。体重にもよりますが、しっかり体重があったり、身長に比べて体重が重い人は沈んでしまいやすい傾向にあります。心配な人は、あらかじめ固めのニュートンを選ぶと良いでしょう。

口コミ3:返品は90日から14日以内に連絡が必要

体に合わなくて返品したんだけど、返品するのに梱包するのが大変だった

公式HPでモットンを購入すると、90日間の返品保証が付いてきます。返品は購入日より90日から14日以内にお客様窓口に連絡しましょう。ただし、返送時の梱包や配送会社への持ち込みは自分で行わないといけないので少々面倒。購入時の段ボールを置いておくと良いでしょう。(その際は圧縮袋も準備しておくとベスト)

口コミ4:腰痛が悪化

薄いからかな?腰痛が半端ないです

特に床に直接敷いている人は、モットンが沈みきってしまう事があります。その状態で寝続けていると腰が浮いてしまい腰痛が悪化する場合があるので注意しましょう。下に敷布団やウレタンマットレスなど、薄い敷物を1枚敷くと寝心地がアップしますよ。

口コミ5:背中が痛くなった

旦那は合っているみたいだけど、私は昼寝するだけで背中がバキバキになる

モットンマットレスの硬さに対して体重が軽すぎる場合、腰や背中を痛めてしまうという口コミも意外と多くありました。

特に夫婦で同じ寝具を使っている場合、どちらかの体重にマットレスが合っていてもどちらかは体調が悪くなることもしばしば。夫婦で体重さがある場合は、それぞれでマットレスを用意するのがおすすめです。

口コミ6:モットンがズレる

口コミ6:モットンは臭く感じることがある

クチコミでモットンがずれる、モットンのシーツがずれる、という口コミがありませんでしたので、ニオイの口コミに変更させて頂きたいです。

ウレタン特有のにおいがして、夕方~寝るまでの間干した

モットンマットレスの原料はウレタンです。ウレタンは人によっては香りをきつく感じる事がある素材。しかしモットンは製造時、極力ニオイを消す作業に2週間以上かけているので、よほど敏感な人でない限り気にならないでしょう。

モットンマットレスのデメリット&注意点

悪い口コミも見られるモットンマットレス。その多くは、体に合わないことによる腰痛悪化や寝心地が気に入らなかったという口コミです。人の体は一人一人違うので、こういった口コミがあっても不思議ではありません。

他にも、モットンマットレスを使う上で注意したい事があります。それは、使い続けていると湿気が溜まってしまう事です。モットンマットレスは吸収放湿という性質がありますが、どうしても体と反対側の面に湿気が溜まってしまうのです。

天日干しが出来ない

モットンマットレスの素材であるウレタンは、日光に当てると縮むことがある素材です。そのため、お天気のいい日にしっかり日の光に当ててしまうとサイズや質感が変化する恐れがあるので注意しましょう。

もしも湿気が気になる場合は、風通しのいい日陰に立てかけるようにして干しましょう。ベッドルームにそのまま立てかけて、窓を開けるだけでいいので、かえってお手軽かもしれませんね。

湿気を溜めやすい

すのこやベッドフレームに敷いている場合はまだ通気性があるのですが、床に直接敷いていたり、他の寝具の上にモットンマットレスを乗せていたりする場合は注意!接地面が蒸れやすい傾向にあります。

直接床に敷いている場合は極力毎日上げ下ろしを、ベッドマットレスの上に敷いている人は、こまめに裏表をひっくり返したり除湿シートを使ったりしましょう。

モットンとほかのマットレスと比較!

モットンマットレスの他にも、他の上に敷いて使えるマットレスはいくつか販売されています。その中でも人気の商品はモットンマットレスとどう違うのか、調べてみました!

雲のやすらぎプレミアムと比べると?

テレビ番組で紹介されることの多い雲のやすらぎプレミアム。モットンマットレスと同じ高反発のウレタンマットレスですが、雲の安らぎプレミアムは

  • 5層構造でへたりにくい
  • 厚さ17センチ
  • 硬さは1種類のみ

という特徴があります。価格は公式サイトだとどのサイズもモットンマットレスと同じ価格。体重のかなり重い力士にも人気ということで、かなり反発力の高いマットレスであることが伺えます。

硬さは選べないので、体重が軽めの方はもしかすると合わない可能性があります。同じように返金保証はあるので、気になる方はまず購入して試してみましょう。

エアウィーヴと比べると?

アスリートに人気のエアウィーヴ。一番の特徴は高反発素材であるエアファイバーでしょう。ランダムに重ねた樹脂素材の密度を調節することで、腰に一番負担のかからない反発力を実現しています。モットンマットレスとの違いは

  • ウレタンを使用せず、樹脂ファイバーで構成
  • 基本は厚さ3.5cm、床に直接敷くのはやや不向き
  • 薄型やベッドマットレス、肩部分を柔らかめに設定したものなどモデルが豊富

といったところでしょう。樹脂ファイバーの密度を調整するだけなので、1枚のマットレスでも硬さの異なる部分を作りやすいのが特徴です。価格はシングルで64,800円、やや高めの印象です。

モットンマットレスの特徴やメリットは?

モットンマットレスの口コミや、他の商品との比較をしてきましたが、モットンは他のマットレスに無いメリットや特徴がはっきりある事が分かってきましたね!モットンマットレスの特徴をまとめます。

体重や好みに合わせて選べる硬さ

モットンマットレスは、体重や体型、寝心地に合わせた3種類の硬さがサイズごとにラインナップされています。体重が~45kgの人向けの100N(ニュートン)、46~80kgの人向けの140N、81kg~の人向けの170Nです。

腰痛対策のマットレスを買いたいけれど、硬さが体に合うか心配・・・という人でも、体重が硬さの目安になるので分かりやすいですよね。

耐圧分散に優れているので寝返りしやすい

柔らかく沈みこむマットレスや低反発のマットレスは、体が包み込まれる感じがして人気ですが、寝返りの回数が激減するのが難点です。寝返りは日中の疲れや体のゆがみを矯正する働きがあるので、「朝起きた時に身体がバキバキ」の一因となってしまいます。

モットンマットレスは高反発であるうえに、体圧をきれいに分散させてくれます。寝ている時の無意識の寝返りでも、体にストレスがかかりにくいので、疲労がしっかり取れる効果が期待できます。

90日間の返金保証がある

モットン公式HPでの購入だと、90日間のお試し期間が設定されます。3ヵ月間しっかり寝てみても寝心地が合わない場合、返品・返金が可能なので安心して試すことができますよ。

また、現在どのサイズも2万値引きのキャンペーン(H31.4.30まで)をしているので、お試しで購入するとしてもかなり手が届きやすいですよね!

モットンマットレスのまとめ

モットンマットレスの特徴や効果、口コミを確認してきましたが、いかがでしたか?特に腰痛に悩んでいる人は是非お試ししたい商品であることが分かりましたね!睡眠の質がアップすることで、体調全般が改善するという嬉しい効果も期待できます。

3ヵ月間お試しできるモットンマットレスで、朝起きた時の体の重さから解放されるかチャレンジしてみるといいですね。